バイク・原付輸送

バイクを転居先に持って行くシーンで、近い距離なら自らが運転して行くことが可能ですが、 引越し先までの距離が遠いケースでは運搬してもらうことが必要ですね。

自転車くらいなら引っ越しの家財と一緒に運搬してもらえることが大半になりますが、 バイクだと荷物と一緒に運搬してもらえないケースがあります。

バイクや自家用車の輸送・運搬についてはオプションサービスになっている引越し業者がたくさんあります。 追加料金が別途必要になりますが、その金額は引越し業者によって開きがあります。

また、単身パックなどをはじめとしたトラックを貸し切りにしない引越しプランのケースでも、 バイクだけ別に運搬してもらう事は可能ですが、料金がその分必要になるのであまり良いやり方とは言えません。

気になるバイク輸送の輸送料金

引越しの時に思いのほか困るのがバイクの運搬方法。

転居先が近距離で自らが乗って運転していける移動距離ならうまく行くと思いますが、引越し先が遠方になってくると、 自らが運転して移動するというのに無理があることもありますね。

トラックを貸し切っているプランを頼んで、トラックに引越しの荷物を積んだ後に、 スペースに余裕があるのであれば料金の範囲内で家財と共に運搬してもらえることもあります。

バイク輸送の運送会社

バイク輸送をしてくれる運送会社をピックアップしてみました。


I-Line(アイライン)

埼玉県吉川市きよみ野2-8-13
TEL:048-959-2882
FAX:048-959-3535
http://i-line8.com/


株式会社ビーエーエス

千葉県柏市金山765
TEL:04-7190-2225
http://www.bas-bike.jp/


ヤマトホームコンビニエンス

TEL:0120-461-254
http://www.008008.jp/transport/car/


高栄運輸株式会社

大阪府東大阪市布市町3丁目535-1
TEL:072-986-7819
FAX:072-986-7922
http://www.koei-t.com/transport/


原付バイクの引越しはどうする?

就職した会社の事情により、これまで全国各地を転々としているのですが、引越しで利用するプランは、いつも単身者用の引越しサービスです。

なぜなら、異動した先で住むのはもちろん社宅ですので、ベッドが買えずに寝具はいつも布団だからです。

それに荷物も大して多くはないので、いつだって問題なく、単身者用の引越しサービスのボックス内におさめることができていました。

原付バイクを購入

しかし、長崎県の某所に異動になった際に、中古の原付バイクを購入したのですよね。

坂ばかりの街でしたし、車がないと不便だったのです。

とは言え、車を買うお金はないので、そこで原付バイクを購入したのですが、けれども引越しに際して困りました。

その時は、長崎県内での異動だったので、やっぱり原付はやっぱり持っていきたかった。

けれども、単身者用の引越しサービスのボックス内に、原付はおさめることはできませんでした。

軽トラックの引越し業者

それではさあ、どうする…? そして結局考えた末に、軽トラックの業者にお願いすることにしました。

東京にいる頃から「軽トラックの引越し業者は安い」「トラックにつめさえすれば、なんでも運んでくれる」というイメージでしたので。

とはいえ、イメージだけで頼むのは少々怖いので、一応周囲の人間に情報を聞いたり、ネットでもリサーチをおこないましたが、 やっぱり「軽トラの業者」がもっとも安そうでしたので、結局その業者を選び、そしていつも利用していた某宅急便屋さんの単身者用の引越しパックをやめました。

軽トラの引越し業者は軽トラック一台分を借りることが出来ますので、どうせなら一緒に運んでしまおうと考えたのです。

実際に、軽トラックとはいえ、原付を乗せてもその他の荷物を十分に収めることができるぐらいの余裕がありました。

ただ、作業員が一人だけでしたので、自分の労力もフルに使っての引越しでしたね。

ページの先頭へ