戸建て住宅、マンション、アパートなど、転居先はそれぞれ。どんな所に転居をしても、転居先で近隣に挨拶に行くとき、どの辺りまで挨拶しておいたらいいのか戸惑いませんか? とりわけ、マンションやアパートの様に集合住宅が考えさせられるところですよね。すべての部屋に顔を出す必要はないけれども、どのあたりまでの範囲の人に挨拶しておいたらいいのか考えてしまうに違いありません。 そういうわけで今回は、引越しの挨拶の「範囲」に着目して、どのあたりまでが目安なのかお話しますね。

引越し挨拶の範囲はどこまで?

転居の挨拶に行ってみるとしても、どのへんまでの範囲まで行けば正解なのかさっぱりわからない。 という方は割と多くいるもの。

そして、戸建て住宅とアパート・マンションといった集合住宅だと、言うまでも無く居住環境に違いがあるので、なおのことわからなくなるかもしれませんね。 そういうわけで、戸建て住宅とアパート・マンションといった集合住宅に分類して、引越しの挨拶に顔を出すべきエリアをお伝えいたします。

戸建て住宅の引越し挨拶のエリア

一戸建てのケースでは、かねてから伝えられている「向こう三軒両隣」という考え方があるのです。若年層の方はあまりわからないかもしれません。簡単には、自分の家を中心として、 目の前の3軒右隣と左隣の2軒の合計5軒。これ以外にも、裏にあるお宅はこれから先交流があるかもしれないので、挨拶に行っておくようにしたいものです。 そういうわけで、戸建て住宅では合計して6軒の住居に転居の挨拶に出向くのが順当です。もちろん転居先の環境によっては、挨拶する住宅の増減はもちろんあるわけですね。 とりわけ戸建て住宅は長い期間住むことが多くあるので、隣近所とのお付き合いは常日頃からよい状態にしておきたいもの。差し当たって、初めの挨拶は忘れてはならないので、きちんと挨拶することをお勧めします。 さらに、転居先の地域で自治会があるのか無いのかを確認をして、存在するようならその自治会長さんにも挨拶しておいたほうがいいと思います。

アパート・マンションなど集合住宅の転居の挨拶の範囲

集合住宅では、戸建て住宅のように近くの住宅に挨拶する必要は無く、あくまでもマンション(アパート)内のお宅に挨拶に行きます。あたりまえすぎて、言うまでもありませんでしたが。 集合住宅では、自宅を中心として、

左隣・右隣の2軒

階上・階下の2軒

の4軒がポピュラー。当然のことながら、居住する部屋によって違ってくるので、ひとつの判断基準として記憶に留めておいてください。 集合住宅のケースでは、日常的に顔を合わせるのは隣のお宅であります。その一方で、階上・階下の部屋のお宅には、住み始めてから生活音等によって嫌な思いをさせてしまうこともあり得ます。 とりわけ、小さい子どものいる住居では、あらかじめそういったことを告げておくことが望ましい。仮に、挨拶ができていない場合、後でトラブルをもたらす可能性もありますから、きちんと自覚しておきましょう。その反対のケースも想像できますので、上下階のお住まいにも欠かさず挨拶を済ませておく方が良いと思います。 さらに、集合住宅では、身近なところに大家さんや住宅の管理人の方がいるならば、これからのこともあるので、こちらの方もしっかり挨拶に行くようにしておいてください。

まとめ

漠然と色んなところに挨拶する必要があるような感覚 ですよね。結局のところ、最低限挨拶に足を運んでおいた方がいい範囲は、戸建て住宅だと6軒、集合住宅ならば4軒と、案外と少ないですね。 今後お世話になるとなり近所なので、引越し当日、遅くても1週間のうちには挨拶を済ませておくようにしたいですね。そういった時、挨拶に出向く時間にも気を配って、10:00~18:00をベースとしておくようにしましょう。

実際の経験談

①引越しは大変です。

荷物をまとめて移動するだけでも大変なのに、いろいろな手続きがあったり、なにかと面倒ですよね。

その面倒なことのひとつが、「引越しの時の挨拶」です。

隣近所に「よろしくお願いします」というご挨拶をするのはいいのですが、 その範囲は果たしてどこまですればいいのでしょう? マンションに越した人に聞いてみると、同じ階と、真上、真下、 さらにその両隣まで挨拶に回ったそうです。

これが標準かどうかはわかりませんが、なんとなく納得できる範囲のような気がします。

同じ階の人は、これから顔を合わせる機会があるでしょうし、挨拶しなかった!となると後悔しそうです。

そして上下とその両隣は、音で迷惑をかけるかも知れない範囲です。

もちろん、ここまで引越しの挨拶なんかする必要はない、という意見もあるでしょうし、 逆に上下の階全部回るべきとか、いやマンション全部に挨拶に行くべき、という人もいるでしょう。

実際に、全部の世帯に挨拶に回った人もいたそうです。

いろいろな意見を聞いた上で、どこまで挨拶に回るかは自分たちで判断したそうですが。

引越しの挨拶はどこまでが妥当か、などというのは、本当に考え方ひとつで変わりそうですね。

マンションの大きさによっては、ものすごい数の世帯が入るわけですし、 挨拶の品を用意することから始まって、一軒一軒回っていくだけの時間と労力は相当なものです。

一軒家だったらどこまで挨拶するか、決めやすいのかとも思いましたが、やはり状況によるみたいですね。

マンション全戸ほどの件数はないにしても、それなりに広い範囲に挨拶をした、という話を聞きました。

②夫の仕事の都合で、3~4年に1回の割合で引越しがあります。

結婚してからこれまですでに3度ほど引越しを経験していますが、その時にいつも迷うのが引越しの挨拶はどこまでしたらいいのかです。

1度目の時は、1棟に24戸入っている大きなアパートだったのでさすがに全部には挨拶は行けないと思い、 私達が最上階に入ったことから下の階全てと私達の隣、隣の下の計7戸に対して挨拶をしに行きました。

そこは1棟に対して入口が3つあり、同じ入口を使うところには全部に挨拶に行ったという具合です。

しかし後から仲良くなった方に、その方が同じ棟に住む全ての部屋に挨拶に行ったと聞いて、 どこまでしたらいいのか悩み始めてしまいました。

そのような中、次に引越したのは3階に2LDKが3世帯のいわゆるファミリー向け、 2階に1LDKが6世帯の独身向け、そして1階が店舗になっているという少し変わったアパートでした。

そこは前の教訓を生かして全てに挨拶をするつもりで伺ったのですが、 独身世帯はほぼ留守の状態で、結局は両隣2世帯と1階の店舗にしか挨拶をする事ができませんでした。

そして3度目に引越ししたのは、1棟に4戸しか入っていないアパートです。

こちらも私達は3戸全てに挨拶に行きましたが、実際入られていた方の中には全くどこにも挨拶をしていかなかった方もいますし、 隣だけというケースもありました。

私はアパートに入る場合は可能な限り全ての方に挨拶をしたいと思いますが、 実際問題として挨拶に来られるのが迷惑と考える方もいらっしゃると思うので、いつもどこまで伺うべきか悩んでしまいます。

③私が先日引越しを行った時に、嫁と「引越しの挨拶状をどこまで出すか?」 という事で結構モメてしまいました。

北海道の商社に勤めていた私は、晴れて設立された東京支社の課長を命ぜられて、 北海道から東京へ遠距離の引越しを行いました。

一応栄転ですから、転勤になる前は同僚や関係者、取引先の企業の方たちにも送別会などを開いて頂き、 私はそこで「一応の義理は果たした」というつもりでいました。

仕事のつながりですから、引越し後も会社に電話を貰えればいつでも私はつかまりますし、 当然メールを送ってもらえば前と何ら変わらずに連絡が取れます。

なので、相当深い関係だった関係者以外には挨拶状は出さないつもりでいたのですが、 妻は「ちょっとでも関係がある人には、改めて引越しの挨拶状は出すべきだ」と主張して譲りませんでした。

ちょっとした言い争いになってしまったので、私はネットなどで引越しの挨拶状をどこまで出すべきかというのを調べてみたのですが、 どうもケースバイケースがあるようで、一定の決まりというのがハッキリしません。

住所などを知らせる必要があるので、結構どこまで挨拶状を出すべきか難しい点があり、 妻とはかなりの議論になってしまっていました。

私は挨拶状とかを書くのが物凄く苦手なので、なるべく軽く済ませたいと思っていたのですが、 硬い家庭で育った妻は一向に妥協する気配を見せません。

結局、私のプライベート携帯の電話番号を教えてある人には、全て引越しの挨拶状を出すという事でお互い納得はしたのですが、 意外とこの「どこまで出すか」というのは難しい問題であることがわかりました。

どこか明確な線引きを教えてくれるサイトなどがあれば良いなあと思いました。