今の時代の若い人は引越しの挨拶をしない人も多くなっているようですが、 やはり隣近所への挨拶は大事だと考えます。

そういった時、挨拶品となる粗品・手土産を持って行くのが通例です。

その際に、お疲れ様です。

多くの人が悩むのが「挨拶の品物はどんな物がいいの?」という点。

さしあたって思い浮かぶのは「お菓子」かもしれません。

けれど、お菓子のような食べ物は、相手方の好みをいくらかは考えなければいけません。

なので今回は、引越しの挨拶の品物として、お菓子をご紹介します。

挨拶のアイテムを選ぶ際の2つの気にすべきポイント

引越しの挨拶では、なにかしらの手土産・粗品といった挨拶品を持って行くものであります。

そうだとしても、初めて引越しをする人などは「どういったものを選んだら正解なの?」 と戸惑ってしまうものです。

挨拶品をチョイスする際に注意することとして、次にあげる2つのポイントがあります。

金額は500円~1,000円くらい

引越しの挨拶品の金額は、1世帯当たり500円~1,000円くらいが良いとされています。

どうして?と思う人もいますが、自分が挨拶の品物で、初めて顔を合わせる人から高価な品物を頂いたら、 どんな気持ちですか? 困惑してしまいますね。

引越しの挨拶に行く先はほぼすべて、初めてお会いする人やその家族です。

その状況で、あまり値段の高い品物を手渡すと、相手が困ってしまい、反対に気を遣わせることがあります。

そういうわけで、引越しの挨拶として、 気楽でお互いのどちらにも負担にならない500円~1,000円くらいの粗品が良いのです。

みんなが使える消耗品が一番です

現実的に挨拶品を選ぶ際の大切な事として、ずっと形として残る物品よりも消えて無くなる 消耗品を選択する方がいいと思います。

「お菓子」が挨拶の品物として安定した人気を得ているのも、こういった理由からだと言えます。

しかしながら、「お菓子」だけに限らず食べ物は、好き嫌いという好みがあることも事実です。

当たり前ですが初対面の人や家族の好みなど分かりません。

その点から、凝った物よりは多くの人に好感を持たれるものをチョイスしたいところです。

「お菓子」などの食べ物はあまり特別ではなくみんなが食べられる物。

以上、この2つのポイントを意識して探せば、あんまり思い悩むことなく選べるのではないでしょうか

終わりに

何かと困ってしまう引越しの挨拶の品物選びですが、

  • 金額は500円~1,000円くらい
  • どんな人でも使える消耗品にする
と、この2つのポイントを気にかけて探すほうがいいでしょう。

品物は、確かに何でもいいのですが、やっぱり「喜んでもらいたい」「食べてもらいたい」 と考えるのが人の気持ちです。

気楽な気持ちで渡せて、ご近所さんが受け取りやすい挨拶品を選んで下さい。