新築マンションに購入・入居が決まった方、おめでとうございます。

新しい環境での生活、わくわくしますね。

引っ越しする時はご近所の方に挨拶に出掛けるのが通例ですが、新築マンションなどの一斉入居の場合だと、 ご近所さん同士どのタイミングで挨拶したらいいのか、どっちから挨拶しないといけないのか、 どのあたりまで挨拶すればいいのかよく明確になっていませんよね。

「新築マンションだとしても挨拶って欠かすことができないの?」 「挨拶に出向くなら手土産の品物も用意した方がいい?」 「どのくらいの値段の品物にすればいい?」こちらではこういった疑問について回答しています。

引越しの挨拶は新築マンションの場合でも必要?

地域の特性などでも意識に開きが出るのではっきりとは言えないですが、できることなら挨拶しておいたほうがいいでしょう。

普通であれば、後から引越してきた方が、先に住んでいる方へ挨拶に出向くのがマナーって言われてますね。

あなたが後に引越してくるなら自分から、先に住んでいるなら後から引越してきた人の挨拶を待つ、 という感じで大丈夫なのですが、新築マンションとなると一斉入居なので、 先に住んでいるとかって言ってもほとんど同時期。

そういうわけでつい挨拶って必須ではないんじゃないかなって思っちゃうんですよね。

さすがに、自分たちが引っ越してきた際にまだ隣の部屋が入居していなかったらさすがに挨拶はできませんし、 あとから隣の方が入居してきたとしても、自分から挨拶に行くと暗にお隣さんの気の利かなさを指摘してるようで意地悪かなって、 余計なことまで推測してしまって行きづらいってのもあったりするかもしれません。

だったとしてもこういうのって、お隣さん同士「どうなのかな?」って二の足を踏んでいるうちに挨拶の機会を逃してしまい、 そのまま挨拶しないままになってしまうと、通路やエレベーターで出会った時なんかに気まずくなったりしそうです。

それと「もし先にお隣さんが挨拶に来たらちょっと気恥ずかしいかも」って思うんであれば、 もう何も考えずに行っておいた方が気持ちがラクです。

例をあげると、 初めまして、〇〇号室の〇〇です。 2日前に引っ越してきたばっかりでして。まだ後片付けが終わってないんでドタバタすることもあるでしょうが、これから先よろしくお願いしますね。 家に小学生の男子と赤ん坊がいるんで、うるさくて迷惑かけるかもしれませんが、よろしくお願いしますね。

など。サラッと自分自身の情報を交えつつ挨拶することで知ってもらいやすいでしょうし、印象もいいと思いますよ。

現に、私が住んでるマンションでも上の階に転居て来た人が挨拶に来てくれた時に、 小学生の娘がピアノやってるんで、音が響き渡ってご迷惑かけるのではないかと気掛かりなんですが・・・ と語ってました。

挨拶と同時に何か自分の家の情報を伝えられれば話もしやすくなるだろうし、 「実はウチも男兄弟がいるのでやかましくって」とか「犬を飼ってまして」とか何かしら返答が貰えたりすると「お互い様だな」と思うかもしれませんよ。

引越しの挨拶はどのあたりまで 新築マンションのケース

これについては新築かどうかとは関係なしに普通に言われてるように、上の階のお宅、下の階のお宅、左右両隣のお宅、 のトータル4世帯に挨拶しておいたらひとまずOKです。

同じ階の戸数が少ない場合は、 その階全ての世帯でもいいのかもしれないですし、 あるいはエレベーターのあるところからから自分の住居までの間の部屋は念のため挨拶しておくとかでもいいと思います。

それと管理人さんにも挨拶しておくと、これから先何かあった際に相談しやすくなりますね。

引越しの挨拶の品物の値段って幾らくらい?

普通は大体500円~1,000円程度が相場とされてますが、ここではだいたい同じ時期に引越ししてきた方への挨拶なので、 あんまり高いものだと恐縮されてしまうかもしれません。

挨拶の品物って値段が高ければ良いってものではないので簡単ではありませんね。

とりわけ今回のような場合はお互い同じような状況ですし、もし持参していくというのなら、 相手に気を遣わせないためにも200円~300円くらいの洗剤なんかで十分と言えます。

あと、タオル・ティッシュペーパー・ゴミ袋・サラダ油やお茶などの飲み物あたりもいいですね。

そもそも挨拶の品物は無くてもいいくらいだと思うのですが、何も持たずに挨拶っていうのも何ですしね。

それに、品物に「のし」を掛けておいたら自分の名前を覚えてもらいやすいかなっていう意味を含めての手土産です。

「のし」は蝶結びの水引が印刷されたもので大丈夫。

終わりに

マンションでの生活は 戸建て住宅と比較して迷惑をかけたりかけられたりする可能性が高いのは間違いないです。

何か起こった時でも、あまり知らない人っていうのと、挨拶をした事のある人と比較したら、 おそらく気持ちに差が出ると思います。

「同じマンションに暮らす人同士、おたがいさま」という気持ちを持つためにも、 これから先の新しいマンション暮らしをスムーズにするためにも、挨拶はしておく方が良いと思いますよ。

実際の経験談

私は大学に入学する際に、初めて実家を離れて福岡まで出てきました。

引越し前には、いろいろなマンションやアパートを見て回りました。

それまでは田舎に住んでいましたので、実家に比べると遥かに都会である福岡に1人で引越しすることを、 両親がとても心配していましたね。

両親と一緒に悩んだ結果、駅と学校に近くて、オートロックで新築のマンションに引越しすることに決めました。

新築・オートロックということでそれなりに値段も張りましたが、 心配性の両親がようやく納得してくれたマンションだったので私も嬉しかったですね。

それに私は新築マンションというものに憧れていたので、契約時点からとてもワクワクしていました。

親にはできるだけ迷惑をかけたくないと思ったので、奨学金を借りて家賃を払っていくことにしました。

そして、いざ引越しの日。

私の地元では、引越したら隣近所の人に手土産を持って挨拶しに行くことが常識とされているため、 もちろん私は隣2部屋に挨拶しに行きました。

…しかし!どちらの部屋の方も全く出てくれないんです。

人がいる気配のする時を狙って挨拶しに行こうと試みるのですが、全く出てもらえませんでした。

もしかして、引越した時に挨拶し合うのは田舎に限っての常識だったのかな…と寂しくなりましたね。

しばらく様子を見ながらいつか挨拶できないものかと粘り続けていたのですが、 結局手土産の賞味期限が切れる寸前となり、泣く泣く諦めたのを覚えていますね。

そのマンションには、大学1年生から大学4年生を卒業するまで4年間住み続けたのですが、 結局両隣の人の顔を見ることは1度としてありませんでした!なんだか切ない4年間でしたね。