引越しの挨拶品で喜んでもらえるおすすめの粗品とその選び方など

友達にプレゼントをあげる時ですら、どういった物をどんなシチュエーションで手渡そうかと戸惑うことがあるのに、 まだ会ったことがない人に対して、いつ、どういった品物を、どういった具合に手渡せばいいのか戸惑いますよね。

これから先のご近所付き合いをスムーズにするうえでも、ちゃんと挨拶には行きたいですよね。

特に、新しい住まいを買ってその住居で一生暮らしていくような場合はなおの事です。

そういうわけで、世間一般の人たちが引越しの挨拶をどういう風にしているのかチェックをしてみました。

引越しの挨拶の粗品の金額は

となり近所の人へ引越しの挨拶で持っていく粗品の値段の幅は、500円~1000円が一般的です。

引越し頻度の多い人だと安めの値段、戸建て住宅を買って長い間そこに住み続けるという人は、 少しばかり金額が高めの粗品を選択してもいいでしょう。

さらに、大家さん、貸主さん、管理人さんなどじかにお世話になるような人へは 1000円~2000円程度の粗品がいいと思います。

どちらにしろ、この値段はお返しの必要がなく、受け取ったご近所さんが気を遣うことがなさそうな金額です。

それじゃ、具体的に挨拶の粗品はどういう物にすれば良いのでしょうか。

そのためには頭に入れておきたいポイントが3つあります。

引越しの挨拶の粗品を選ぶ時に頭に入れておきたい3つのポイント

受け取っても家の中で邪魔にならない物を選ぶ

この先ご近所付き合いをして友好的になっていくと思われますが、 引越してきた時はまだ初めて会う見知らぬ人間です。

ですので記憶に残るような品物よりは、毎日の暮らしの中で消費して無くなる食品や消耗品などが良いでしょう。

どんな人でも使っている物を選ぶ

たくさんの人が毎日の生活の中で必ず使用する日用品もよいと思われます。

そうした場合には、ユニークで知名度の低い品物よりも、 市販されているようなみんなが知っている物を選ぶと不安を感じることなく活用してもらえます。

大袈裟でない物を選ぶ

また、日々の生活で使う消耗品だとしても、大袈裟なものではご近所さんも気を遣ってしまうかもしれません。

受け取っても困らない、お気軽なものをチョイスしましょう。

喜んでもらえそうなおすすめの引越し挨拶の粗品

数週間日持ちする美味しいもの

まだ、お隣さんの事がわからない時には、一人暮らしでいっぺんにたくさん食べ切れない場合や、 旅行や出張によって数日間留守にしたりなど、色んな事情を加味して、 生鮮食品や消費期限が短い食べ物は避けましょう。

そして、夏の時期なんかだと衛生的にも気がかりです。

食べ物に決めるつもりなら、1か月程度の日持ちする物をチョイスするようにしましょう。

クッキー、乾麺、お茶なんかがちょうどいいと思います。

また、変わった物では挨拶ギフト用のお米といったのもあるのです。

日本人なんで、お米は日々食する方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

こんなものをもらうと、ありがたいですよね。

日常的に使用する消耗品

日常生活で必ず使うであろう消耗品でおすすめなのは、ティッシュペーパー、トイレットぺ―パー、なんかです。

これらに関してはセンスも関係なしで、割と好みも多くないから、間違いなくもらっても困ったりしないものです。

かつては、洗濯用洗剤や石けんあたりが挨拶の品物として重宝されていたんですが、 近頃では洗剤や石けんはバリエーションが多くなったことで好みが分かれるようになり、 若い年齢層ではあまり選ばれなくなったのです。

けれども、あくまで日用品ですから「のし」だけセットしてそのまま手渡すのもなんですから、 贈り物に相応しく工夫をした方が喜んでもらえることでしょう。

家族向けだったらちびっ子も喜ぶカワイイもの

子育て世代が数多く生活しているような地区だったら、 ちびっこでも使える物をチョイスするようにしてみましょう。

食べ物であれば、ちびっ子向けのお菓子にしてみるとか、 また、タオルなんかだと可愛らしいデザインのハンドタオル等に変えてみたりするのはいいんじゃないですか。

近頃では、食べ物を小分けにするときにいろいろと役立つジップロックもありがたがれるそうなんです。

こちらもキャラクターの柄が入ったカワイイものを選べば贈り物っぽくなると思います。

また、自宅でお風呂につかるのが楽しくなる入浴剤あたりも良いと思います。

挨拶品が購入できる場所

大きめのスーパーで粗品を購入しよう

消耗品や日用品ですとあちこちで買うことができますが、 そのまま差し出すっていうのはマナー違反で失礼になります。

ギフトとしては、包装し熨斗(のし)をつけなくてはなりません。

自分自身がラッピングをしてもOKなのですが、手間が掛かりますよね。

そういった時は、イトーヨーカドーなど大規模なスーパーのサービスカウンターを活用するのが助けになります。

贈り物コーナーもありますが品物の値段設定が引越しの挨拶の品物としてはいまひとつ向かないので、 いつも通りにレジで品物を買ってそのあとサービスカウンターで買った品物の包装と熨斗をつけてもらうよう、 お願いするほうがいいでしょう。

ただし、小さめのお店になるとサービスカウンターがない場合もありますから、 品物を買う前にチェックしてみて下さい。

通販サイトで贈り物として購入し、そのまま発送する

引越しの申し込みや荷造りでドタバタしていると一日がアッという間で、 なかなか挨拶品を購入しに行く時間も無く戸惑いますよね。

そういった時は、アマゾンや楽天といったインターネット通販で普段の買い物と同じ様なもので 挨拶の品物もポチっと注文しましょう。

速い配達便だと、その日のうちに届けられる品物もあり便利です。

非常に便利なのですが、品物によってはギフトラッピングが別途料金が必要になる場合もあるので、 その点を忘れずチェックしてから注文してください。

また、転居後にオーダーした場合では、届け先を引越し先住所に変更するのを忘れないように。

それまで住んでた所に配達されると大変です。

挨拶で粗品を持参した時の経験談

私は数年前に今住んでいるマンションに引っ越しました。

引っ越しは何度かしているのですが、今回は今までの引っ越しとは違い、結婚をして新居を構えるという引っ越しです。

なので今までだったらご近所への挨拶をしたり粗品を渡したり、ということはあまり配慮しなかった (というか挨拶もしませんでしたし、粗品も渡しませんでした)のですが、今回はそういうわけにはいきません。

という事で引っ越しを済ませたあと、必要な雑貨を買いに行くついでに、ご近所の人に渡す粗品も買おうということになりました。

高すぎてもいけないけれど、あんまり意味が分からないものもいけないなという事で、結構粗品選びは難しかったです。

結局、かわいらしい石鹸を買いました。

石鹸なら貰って困ることもないだろうし、もらって負担になるほどでもないだろうと思ったからです。

そして挨拶に行くことになりました。

さてマンションの場合どこに挨拶に行けばいいかよくわからなかったのですが、 常識的に考えて、私の部屋の両隣、私の部屋の真下の部屋に挨拶に行くことにしました。

普段やらないことをやっているのでドキドキしましたが、きちんと粗品も持ってきていますし、 悪いことをしているわけでもないので、大丈夫だと言い聞かせてチャイムを押しました。

ひとりは中年の女性、ひとりは30代くらいの男性、もうひとりはおばあさんで、みんなに挨拶をしました。

粗品を渡すと喜んでくれたので、準備した甲斐があったかなと思います。

しかし、それからしばらく経って、住んでる人も変わっているのですが、 一度も挨拶に来る人や粗品を持ってくる人はいないので、もしかしたら、そういう風習ってもうあまりないのかな?って思います。

引越しする時どこまでの方に挨拶が必要で粗品は何がいいのか?

結婚する時に一軒屋を購入しました。

初めての土地でどこまで挨拶に行けばいいのかも分らない状態です。

引越し自体は、結婚式までにじゅうぶんに日があったので、ゆっくりと済ませ、 嫁入り道具の大型のものだけを家具屋さんに運んで頂きました。

とりあえずお隣さんだけはまず最初にご挨拶をという事で、粗品もちょっと高いものを準備し伺う事にしました。

若くて何も知らないという事を武器に、お隣さんのご挨拶の時に、 ぶっちゃけどこまで挨拶に行くべきなのかなどを全部教えて頂きました。

自治会は班ごとに分かれており、班の方全員に挨拶に行った方がよいとのことで、12軒行く事になりました。

お隣とお向かいさんには粗品はしっかりとしたものを準備して「この度こちらに引越してきました。

よろしくお願いします。」との挨拶を。

他の方々にはタオルのような簡単な粗品を準備して、同じように引越しのご挨拶に回りました。

後に話を聞けば、そこまで全員の方に挨拶に行く必要はなかったようですが、 長い間住んでいるといろんな方と顔見知りになり、話もする機会も増えてくるので、 結果的にはみなさんに挨拶に行っておいて良かったと思っております。

どんなものでもいいからやはり粗品を渡すのと渡さないのでは、最初から印象が変わってしまうようです。

お隣さんのアドバイスは成功でした。

一つ失敗したのは、近所の方々だけの挨拶でやめてしまい、自治会長のお宅に挨拶に行かなかった事です。

ここの自治会にお世話になるといった意味でこれは常識的な事であったようです。

後から謝りには行きました。

引越しのご挨拶とはとても気を使う大変なものです。