引越しの挨拶に渡すのはタオルがベスト?相場や枚数は?

この記事では、引越し挨拶の粗品定番グッズであるタオルに関してお伝えしていきます。

引越し挨拶というとタオルは有力な定番の品物ですが、どんなタオルをチョイスしたらいいのか、 数量や値段の相場などは決めかねる点も多いところです。

こういったタオルについて、おすすめできるメーカーや色、金額や数量など、 あれこれ詳しくご説明させてもらいますね。

引越し準備が忙し過ぎて挨拶の品物の準備にも追われている人でも、 スピーディーに挨拶用タオルが用意できるようわかりやすくお伝えしますので、是非ともお役立てくださいね。

引越し挨拶用タオルで「のし」は必要?

慶事なんかになくてはならない「のし」、 引越し挨拶でも欠かさず付けないと駄目なのかで戸惑う人も結構多いみたいですね。

そして、引越し挨拶にどのくらいのお金をかけることが当然なのか、 またタオルは何枚ぐらい手渡すのがベストなのか、ほんとにこのような事もあまり知れ渡っていないもの。

ここではそういったものを突っ込んでご説明させていただきます。

引越し挨拶タオル、「のし」ってセットしないといけない?

引越し挨拶の粗品というと、「のし」を付けられているのいうのって多いですね。

近年はめんどくさいから付けない、特にあってもなくても大差ないと思う、と考える人も多いとのことです。

しかしながら、「のし」には大切な役割があるので、 引越し挨拶のタオルにはむしろ付けることが大切なんです。

その役割っていうのは、「自分の名前を知ってもらう」という事です。

のしでどういうわけで名前が覚えられるの?と感じる方も多いかもしれないけれど、 引越し挨拶のための「のし」には大概、上の半分に「御挨拶」、下の半分に「自分の名字」を記入するものだから。

のしは言ってみれば名刺の役割も担っていることになります。

やっぱり自分の口から名前を伝えたり、挨拶をしただけでは名前というものは覚えにくいです。

なんだか忘れやすいものなのです。

それに対し、のしに氏名が記入されていることにより、このタオルをくださった〇〇さんだ、 とタオルと合わせて自分自身のことをたちまち記憶してくれるようになるのです。

できる限り早くこの近隣に打ち解けたい、早く覚えてもらってご近所の方と仲良くしたいと考えるのなら、 「のし」をぜひとも付けていくほうがいいでしょう。

のしはスムーズなふれ合い作りを手伝うコミュニケーションツールでもあったのです。

引越し挨拶でのタオルは何枚くらい?

引越し挨拶での粗品の金額は500円~1,000円と言われています。

贈り物用タオルは大概その範囲内の価格で、箱もついた良いタイプが売られていることが多いに違いありません。

そうしたものをチョイスしていけばそれほど悩む必要もないかと言えます。

なおタオルの枚数ですが、これについては1枚か2枚セットで販売されていることが多いです。

一人に対して一枚タオルを渡す感じで購入する考え方が多いですね。

2枚セット商品が販売されているのは夫婦の隣人に手渡しすることが考えられてですが、 一人暮らしの方に2枚セットを手渡してもおかしくありません。

とりわけ販売されている種類がたくさんあるのはフェイスタオルのセットですね。

フェイスタオルは使用する局面もいっぱいあるので、需要が高いです。

ハンドタオルのセットや、フェイスタオルとハンカチタオルのセットも次に多いので、 このようなセットを選択しに考えていくのをオススメします。

引越し挨拶でオススメのギフトタオル

安定の高評価、高級タオルで有名どころの「今治タオル」。

今治タオルは何てったって、その高い品質が高い評価を得るポイントになります。

吸水性も高くて、さわり心地も初めて今治タオルを触る人は驚くほどフワフワ、 毛が抜けづらく色落ちもしにくいだけじゃなく、乳児に使っても問題なしといいことずくめなんです。

頂くなら今治が良い、という評価の良さからもその人気が見て取れますね。

差上げるご近所さんの性別がハッキリしない場合は、男女どちらが使用しても大丈夫な柄が好まれやすいので、 こういった種類のタオルを選ぶのがベストですね。

編集後記

引越し挨拶のタオルの記事はどのように感じられましたか?こうやって見ると、 タオル選びというものもなかなか奥が深いと感じますね。

・価格は500~1000円
・のしは付ける
・カラーは年齢性別問わず使用できる物を
・タオルの枚数は1~2枚くらい

以上を頭の中に入れておけば間違いなく大丈夫に違いありません。

すがすがしい引越しの挨拶が出来るよう、このページの内容を活かしてしっかりタオルを用意していきましょう。

引越しに限らず挨拶ははじめの印象が大事です。

素敵なタオルをくれたお隣さんと名前も覚えてもらえるように、 引越し挨拶の準備もしっかりと進めていきたいものですね。

経験談

私は引越しを何回かしたことがあります。

その時に、挨拶回りをしなければいけないなって思い、両隣と上下階の家に挨拶に行きました。

本当はあんまり行きたくなかったのですが、やはり挨拶していた方が、何かと住みやすいと思ったので行きました。

その時に何を持って挨拶に行ったらいいのかなぁって考えました。

大体には、タオルや洗剤が多いかなぁって思いました。

私も他の人が引越して来られた時に、タオルや洗剤をもらった記憶があります。

やはり挨拶をされたら、気分がいいなって思いました。

またその方も、ちゃんとした人なんだろうなーって思いました。

ちょっとした品物でも嬉しいものです。

洗剤は結構色々なメーカーがありますし、こだわりがあって、この洗剤しか使わないって言う人もいるので、 考えた末、洗剤はやめにしました。

やはりもらってうれしいとゆうか負担にならないと言うか、絶対に使うであろうと思われる、タオルにしました。

タオルもそんなに高いタオルではなくどこにでもあるような安いタオルにしました。

挨拶まわりは緊張するものです。

いろいろなお宅があるなーって思いました。

素っ気ない感じや、上から目線の人、親切そうな人、それぞれだなぁって思いました。

そこの場所で、長くみんなと仲良くしていこうと思う気持ちがあるので、挨拶回りは重要なことだと思います。

引越してきて挨拶をされて悪い気がする人はいないと思うので。

また挨拶をしなかったら、どんな人が入っているのかなあとか、いらぬ噂をたてられても困ります。

挨拶をしてタオルを渡したら、大体の方は好意的に見てくれます。