目次

  1. 引っ越し前の今がチャンス!不用品処分大作戦
  2. 不用品処分の選択肢4つ
  3. 引越しをするときの家電処分について
  4. 引越しで洗濯機を処分したときのこと
  5. 引越しでエアコンをお得に処分するには

引っ越し前の今がチャンス!不用品処分大作戦

モノ、あり過ぎませんか? 引っ越しの際、荷物の量は重要なファクターの一つです。 業者に頼めばそれで費用が違ってきますし、多ければ多いほど荷造りに手間暇がかかってしまいます。 当然、新居での荷解きから片付けまで影響しますよね?

みなさんにも「なんでこんなもモノ持ってきたんだろう?」と思いながらも、 タンスの肥やしならぬ新居の肥やしを作った経験があるんじゃないでしょうか?

不用品にはコストがかかる

写真や卒業アルバムなど思い出の品々、買ったことを忘れタグが付いたまま収納から出てきた衣類、 昔やってたゲームの本体…。思い入れや使う・使わないの判断の迷いにより、 不用品はどんどん溜まってしまいます。

考えてみて下さい。 ご自身が働いて得た給料で家賃を払っている家の大事なスペースが、ムダに占拠されているのです。 それだけでなく、不用品のせいでダメージを受けることさえあります。

例えば、いらないペンキを放置していたら、蹴飛ばしてこぼし掃除をしなければならないなど、 害の元にもなってしまいます。

不用品は誰かにとって必要なモノ

単純にゴミとして捨ててしまえばすぐに終わってしまいますが、 経済的にも環境的にも最良の方法で処分しましょう。 オークションやフリマアプリで出品すれば買い手はつきます。

格安、または無料回収の業者もリサイクル販売や部品の抽出により利益を上げています。 貧困な国への支援物資としても使用可能。お友達に希望者がいれば、引き取って貰うのもいいですね。

1か月前から計画・準備で万全を期す

必要なモノを誤って捨ててしまいたくはないですよね?ですので、1か月前からじっくりと仕分けをし、 3週間前にはオークションやフリマアプリで販売開始、2週間前にはチャリティーや回収業者の手配をし、 最後の1週間で余裕を持った荷造りをするのが理想的です。

特に、販売する場合は売れるまで時間がかかることもありますし、 不慣れな場合は若干リサーチが必要になることもあります。 不安ならもう少し早めにはじめるのもアイデアです。

今までの自分とこれからの自分

引っ越しは新しい環境を与えてくれます。少なくとも住む場所は今までとは違ったところになりますよね。 つまり、それはターニングポイントなので今までの自分を見つめ直し、 これからの自分の計画を立てるのにとてもいい機会です。

使うモノの先には経験があり、取捨選択するということは今までのムダを切り捨てることです。 住む家だけでなく、‘新しい自分’にも引っ越しましょう。

不用品処分の選択肢4つ

引越し業者の不用品処分サービス

大手の引越し業者では、殆どが不用品処分サービスを行っています。

中には価値のあるものならば買取りを行ってくれる業者もありますので、 値段のつかないものと合わせて処分して貰うとそれだけ安くなります。

荷物は引越しと同時にスタッフが搬出してくれる為に、何もする必要はないのです。

一つの業者に任せるので手続きや対応がスムーズで、一番手軽な方法です。

但し引越し業者のサービスの場合、買取り価格がつかないものは有料となり、更にベッドなど分解が必要なものは手数料が加算される場合があります。

料金は他の処分方法と比較して高めですので、まずは見積もりを依頼してから決めた方が良いでしょう。

リサイクルショップに買取りして貰う

リサイクルショップは実に様々な不用品に対応しています。

一度に多くのものを処分する場合には、出張見積もりや買取りが可能です。

家電製品は最近ではリサイクル法で処分する際に費用がかかるものですが、 リサイクルショップならば品質次第で買取って貰うことも可能です。

但しリサイクルショップの場合、新品に近いものや市場価値のあるものにしか値段がつきません。

トラック一杯不用品を出しても価値がないものならば全部で幾ら、という値段になったり、 中には引き取り手数料を取られることもあるのです。

引越しが多い期間中は早めに予約をしないと、見積もりを含めて引越しに間に合わない可能性もあります。

粗大ゴミ回収業者に引き取って貰う

民間の粗大ゴミ回収業者は、他の業者に引き取って貰えない様なものでも回収してくれます。

連絡をすればすぐに見積もりや引き取りをしてくれる業者が多く、搬出作業も任せられます。

民間の業者の場合、回収できる品目が多い代わりに料金も高めになります。

また、悪質な業者も多くトラブルも増えています。

見積もり時に提示された料金よりも遥かに高額な料金を請求されたり、 引き取られた不用品が不法投棄されるというケースも増えているのです。

自治体の不用品回収を利用する

自治体の不用品回収は料金も安く、引き取りの際のトラブルの心配もないので安心して引き取って貰えます。

但しどんなに新品で高級品であっても買取りはして貰えません。

直接持ち込みの場合は更に割引になることもあります。

自治体の場合取集日が指定されるので、引越しのタイミングに間に合わないこともあります。

大きなものでも指定された日時を守って収集場所へ運んでおく必要があります。

引越し際には早めに不用品を整理して、買取りが可能なものは先に業者に買取って貰い、 値段のつかないものに関しては見積もりに応じて処分方法を決めるのが賢いと言えます。

引越しをするときの家電処分について

私は大学生時代に一人暮らしをしていました。

そして、大学生活が終わってから実家に帰ることにしました。

その時に家電を処分することにしたのです。

重量が重くて持っていくには大変だと思いました。

引越し屋さんに依頼をしてトラックで運んでもらうという手もあったのですが、 何年も使用していて、だいぶ古くなっていたのでそのまま処分をすることにしました。

引越しに際しての家電の処分について不動産屋さんに相談をしてみると、そちらで業者を手配してくれると言ってくれました。

引越しをするときに、いくらか不動産屋さんにお金を支払うことになりますが、 それでもその場で処分をしてもらったほうが楽だと感じました。

私は処分をすることを選択しましたが、もし家電が欲しいという知人がいて取りに来てくれるということならば、 そちらに譲ってしまうのもひとつの手段です。

こちらのほうがお互いに得をすることもできますし、お金もかかりません。

ただし、少し手間が掛かってしまうので、時間がないときは難しいかもしれませんね。

引越しをするときに、不必要なものを処分してしまえば自家用車でも引越しをすることが可能になると思います。

そちらのほうがお金がかからないのでいい方法であるとも言えますね。

今は消費社会ということもあり、電化製品も以前ほど高くなくなってきています。

液晶テレビもすごく安く買うことができるようになりました。

そうなので、わざわざ後生大事にもって行く必要もないのかもしれません。

引越しは必要な部分にお金をかければそれほど大変ではありません。

そうなので、もし大変さが気になって引越しに踏み切れない人がいたならばよく考えて計画を立ててみましょう。

引越しで洗濯機を処分したときのこと

私が一番最近引越しを行ったのは三年ほど前になりますが、そのとき洗濯機に関してちょっとしたことがありました。

洗濯機は引っ越し前から持ってきたもので、特に買い換えるなどといったことはなかったのですが、 今現在住んでいるところへ引っ越してきた際に、洗濯機の排水溝と洗濯機本体の排水溝の位置がちょうど間逆になり、 排水溝までパイプが届かなかったのです。

そのため洗濯機を正しい向きではなく、横向きに置いて使うことになってしまいました。

排水溝の位置などはどんな家でも共通だと思っていて、 一般的な洗濯機なら大抵は合うものだと思っていたため、まさか位置が合わないなんてことがあるとは思いもよりませんでした。

そしてとりあえずは横にして使っていたもののやはりそれでは使い勝手が悪いです。

そのためどうせかなり長い間使っていた洗濯機だしということで、買い換えることになりました。

ただそうなると、もともとの洗濯機を処分しなければなりません。

そしてできることならなるべく安く処分をしたいななどと思いました。

そこで思い出したのが、引越しをしたときに金属でできた不用品を無料で引き取ってくれた業者です。

どこか一箇所にでも金属が入っていれば無料で引き取ってもらえたので、そこに連絡をし事情を話すと洗濯機も無料で引き取ってもらうことができたのでした。

普通引越し時に出た不用品処分というと、お金を支払って引き取ってもらうことが多いと思いますが、 私の場合は運が良かったのかほとんどのものを無料で引き取ってもらえたので、洗濯機に関しても処分費用がかからず有り難かったものです。

引越しでエアコンをお得に処分するには

以前住んでいた賃貸物件は、エアコンは設置されていませんでしたが、 自分で購入したエアコンを設置する事は可能だったので、リビングと寝室に一台ずつ設置していました。

ところが、引越し先のマンションは各部屋に付属のエアコンが設置済みで、また持ち込みのエアコンを設置する事は不可でした。

もう大分古めのエアコンで、電気の消費量も最新型に比べて半端なかったので、 持っていても仕方ないと処分する事に決めたのです。

ただし、今はエアコンの処分はリサイクル法にのっとって行わなければならないため、 ざっと家電量販店で見積もりをお願いすると2台で2万5千円も費用がかかるとの事でした。

引越しは、何かとお金がかかりますからエアコンの処分のためにこんなにも出費があるのは納得がいかず、ネットで色々と調べてみました。

すると、リサイクル費用や処分費用、回収費のかからない無料でエアコンを引き取ってくれる業者がある事を知ったのです。

中には、買取をしてもらえるところもあるようですが、 我が家のエアコンの状態では不可能だと思い無料で回収してもらえる業者に依頼をしました。

ただ、エアコンの取り外しを自分で行うのは難しいと判断したため、エアコンの取り外し料金が数千円かかりましたが、 元々は2万円以上も処分にお金がかかる事を考えると、手間なしで数千円で処分してもらえるならお得ですよね。

例え壊れていても、古い型でも取り外し料金を除けば無料というのは、本当にありがたいです。

引越しで、どうしてもエアコンを処分しなければならないという時は、 こうした回収業者に依頼すると量販店で処分してもらうよりもかなりお金が浮くんですね。

これから、引越しを控えている人には、こうしたサービスがあることを知ってもらいたいです。