引越しをする上で一番手間がかかり、なかなか進まない作業が荷造りだと思います。

引越しをする前にしなければならない作業ですが、 どこから手をつけたら良いのかわからず、 仕舞いには全部引越し業者に追加料金を払って梱包してもらうというパターンの人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな引越し前の梱包に注目してみました。

引越しをスムーズに終わらせる明暗を分けるのはこの梱包の段階と言っても過言ではありません。

きちんと梱包されたものは、新居に移動した後もスムーズに片付けることができるはずです。

荷造り・梱包で大切な要素は二つあります。

要るもの・要らない物に分ける

まず一つ目は要らないもの、使わないものは詰めないことです。

引越しは言わば断捨離の大チャンスです。

普段、クローゼットの奥のものを引っ張り出して片付けようなどということは、 よっぽどのことが無ければしないと思います。

しかし、引越しとなると、今部屋にある物は必ず一度手を取るはずです。

そこで、いる物は梱包する。

要らないものは処分する。

ただそれだけで新居には必要のある物しか無い状態を作り出すことができるのです。

もちろん悩む物もあるかと思います。

悩んだ時はとりあえず保留の箱を作って最後にもう一度よく考えるようにしましょう。

とりあえず持って行こうの選択をしてしまうと絶対に片付けできないからです。

断捨離は思い切りが必要です。

引越しする荷物が減ればそれに応じて引越し代金が割安になるケースもあります。

不要なものを減らして、費用も抑えられれば一石二鳥です。

必要かどうが迷うものも処分する

いらないものは引越し前に全て処分してしまいましょう。

「使うかどうか分からない」ものもいらないものです。 引越し前に処分してしまえば、引越し先に運ぶ荷物も減りますし、 物が少ないと整理もラクですよ。

また、引越しまで期間があるようでしたら、「捨てる」だけではなく、 「売る」こともオススメです。

ヤフオクだとオークション形式で売ることができますし、 最近はメルカリというフリマ形式のサービスも盛り上がっていますので、 買いたい人がいればすぐに売ることができますよ。 いらないものが減ってお小遣いにもなる。一石二鳥です。

引越し先のどこに置くかイメージ

そして、二つ目が、新居をイメージする事です。

どういう事かというと、漠然に箱に詰めるのではなく、 新居のどこに収納するつもりかを思い描きながら箱に詰め、 詰めた箱にどこの部屋のどこに収納するのかを記入しておけば、 新居に移動後には箱を開けてただもくもくと収納するだけで済みます。

例えば同じ書籍でも小説は寝室の本棚で、雑誌はリビングのラックに収納したいのであれば、 書籍という種類でくくるのではなく、寝室とリビングというくくりで箱詰めした方が、 箱から出して片付けする時が楽になるのです。

箱詰めする段階で新居に片付けしているイメージを持つことで、 その後の作業効率にかなりの差が出てくるはずです。

このように2点のことを気にして荷造りできれば引越しは成功するはずです。

ただ、やはり荷造りの作業は手間がかかり、やる気になりません。

ですから、一気にやろうとはせず、 普段使用する頻度が少ないところからコツコツやっていくようにしましょう。

引越しの荷造りのコツは、ダンボールと新聞紙です

引越しというのは、慣れていない方には重労働です。

私の場合費用をケチって自力でやったので、その後三日は筋肉痛に悩まされました。

その経験から来る、これだけはやっておいた方がいいという引越しのコツを紹介します。

ダンボールを用意する

まず最初にホームセンターまたは通販サイトで色々なサイズのダンボールを購入しましょう。

家にある、という方も多いでしょうが大体埃だらけだったりボロボロだったりするので、基本的には全部新しく買うことをお勧めします。

特に過去水に濡れた経験のあるダンボールは、簡単に破れるので使えません。

大抵はあると思いますが、ガムテープ、セロテープ、ハサミに各種分解に使う工具は揃えておきましょう。

ダンボールが揃うだけで、大型家具以外の荷造りはもう大丈夫です。

ダンボールを無料でもらう方法も

荷物を詰めるダンボールはスーパーやホームセンターで調達しましょう。 「調達する」と言っても、買うわけではありませんよ。 お店にもよりますが、商品を詰めていたダンボールを「ご自由にお持ち帰りください」 といった形で置いています。

使ったあとのダンボールがなんと無料で手に入るんです。 もし見当たらなかったらお店の人に聞いてみましょう。 ダンボールって買うと結構いい値段するんですよね。 ですから、ダンボールはスーパーで調達した方が絶対にトクです。

食器は新聞紙で包む

但し食器はそのまま入れるのではなく、1枚ごとに新聞紙で包みましょう。

そしてなるべく隙間無く縦に詰めるのがコツです。

それでも割れる時は割れますが、確率はかなり下がります。

移動距離が100kmを超えたりする場合は、ある程度諦めてください。

読まなくなった本・聴かなくなったCDは処分

そして次に引越しをする家の広さにもよりますが、 なるべくもう読まない漫画や聞かないCD等は売ったりあげたりして処分してしまう事をお勧めします。

元々興味が離れている物は、引越し後もダンボールの中にそのまま放置される可能性も高いです。

そしていらない物を処分して本棚等が空になった場合、それもバラしてしまいましょう。

自力で運ぶにせよ引越し屋さんにお願いするにせよ、無駄な荷物を減らすのが荷造りのコツです。

あと荷造りで誰もが陥る失敗ですが、懐かしい物に手を止めてはいけません。

アルバム等は家族で見たくなる気持ちも分からないではありませんが、作業できる時間は限られています。

そういう意味でも、荷造り前にいらない本やCD、ゲームは売っておくのが得策です。

DVDプレーヤー、精密機器は毛布でくるんで運ぶ

精密機器をダンボールに詰めると緩衝材を入れる必要があるので、プチプチを入れたりと、 コストも手間もかかります。 そこで、就寝用の毛布でくるんで運びます。 毛布が緩衝材の役割を果たしてくれます。

マイカーで運ぶ場合は布団と一緒に運んでも良い緩衝材になりますね。 ただし、重いものを上に乗せると、いくら毛布があるといっても故障の原因になる可能性があるので、 一緒に運ぶものには注意しましょう。

重い物は小さなダンボール、軽い物は大きなダンボール

また重量調整のコツとして、小さいダンボールに重いものを入れて、 服や雑貨などは大きめのダンボールに入れましょう。

なるべく隙間無く詰めるのが割れないコツなのですが、だからといって大きなダンボールに詰め過ぎると持てません。

また耐久度が高いとはいえ、いくらダンボールでも重過ぎると破れます。

また液体調味料系や食材は、引越し前に使い切って下さい。

特に引越し屋さんに依頼する場合、とんでもない迷惑になりますので必須です。

経験談ですが、この手はどれだけ完璧に荷造りしても、簡単に壊れます。

私の場合、ガラス容器に入っていたポン酢が割れて、車の中とダンボールの中が大惨事になってしまいました。

冷蔵庫の中は空にする

引越し前の冷蔵庫は、完全に空で運ぶのがベストです。

引越し初日から翌日の昼くらいまでの食事は、外食やスーパーの惣菜で全て済ませてしまいましょう。

荷造りは事前準備で、むしろ新居に引っ越してからの方が疲れます。

手伝うにせよ自身が引っ越すにせよ、ほぼ1日作業なので身体には気をつけてください。

時間や体力に余裕が無い場合は、素直に引越し業者の方にお願いしましょう。

【その他のコツ】

引越しの荷造りは業者に任せることもできますが、自分で行うことによってかかるお金を節約することもできるので、 できる限り自分で行おうと考えている人も少なくないと思います。

しかし荷造りというものは思いのほかコツがいり、適当にそれを行って上手くいくものでもありません。

上手く荷造りができていないと荷物が破損したり大切なものがなくなってしまったり、後々後悔する事態を引き起こしてしまうでしょう。

引越しの失敗は、荷造りに帰結しているといっても過言ではありません。

荷造りのコツを事前に知っていれば、そうしたトラブルを未然に防ぐことができます。

そのコツとはずばり、空間ごと荷物を分けることです。

割れ物は割れ物で集めようとしたり、小物は小物で入れてしまおうとしたり。

そうしてあちらこちら動かすから、後でどこに何が入っているかわからなくなったり、 無理に同じ箱に入れようとして詰めすぎたり無駄な空間を作ってしまったりするのです。

台所は台所、自分の部屋は自分の部屋。

終始そこにこだわって、一つの空間のものは一つにまとめておくようにしましょう。

もっと範囲を少なく、タンスのものはタンスのものだけが入る箱に、 机の引き出しに入っているものはみんな同じところに納めておくとよいです。

その範囲で割れ物に保護をかけたり、小物類はまとめて袋に入れておいたりします。

ダンボールには区分ごと名前をつけておくことをおすすめしたいですね。

自分の引越しなのですから、荷物を綺麗につめることにこだわらなくても良いのです。

詰めやすいように、後から荷解きしやすいように、シンプルな荷造りをしていきましょう。