冷蔵庫の運び方の要点

引越しの方法はさまざまありますが、人によっては自身の力だけ、 もしくは知人に手伝ってもらって完了させる、といった人も大勢いますね。

私の知人も、男の友だち同士でお互いに手伝いあって、引越し作業をしていたケースがありました。

ダンボールや軽い荷物なんかであれば、普通の人でも特にテクニックがなくても 荷物の搬出はできるでしょうが、簡単ではないのは大きな家電。

とりわけ、冷蔵庫なんかは大きさも重量も結構あるので、労力が要りますね。

階段などがあったら横に倒してもいいのかなど、分からなければ戸惑ってしまうんじゃないでしょうか。

ですから、ここではあなた自身が引越しを行なうシーンで抑えておいたほうが良い、 冷蔵庫の運び方に関してチェックしてみました。

冷蔵庫を運搬するまでの準備と、実際の運搬方法のポイントを伝えていきますね。

冷蔵庫を運ぶ前の下準備

冷蔵庫を運搬する時に、何はともあれ安全に運べるように仕度をしておくことが大切です。

この段取りは、あなた自身が運ぶ状況で無くてもも外せないポイントもありますから、 引越しを近くに控えている方は是非ともお役立てください。

冷蔵庫の中に入っている物を空にする

引越しでは、冷蔵庫を動かす訳ですので、とにかく中身を空にする必要があります。

と言うものの、冷蔵庫には冷やしている飲み物や冷凍食品、調味料なども入っていますから、 ただちに空にってのも簡単ではないです。

引越し前には気を付けてスーパーで買う量を抑えたり、 すでに冷蔵庫にある食材を第一に使う献立を考えていった方が良いでしょう。

私も毎度のことながら冷蔵庫の中の食べ物を減らすことに頭を悩ませています。

前の日にコンセントを抜く

当日に無事に引っ越しをするためには、前の日には冷蔵庫のコンセントを抜いておかなければなりません。

電源を切ることによって、内部にある霜が融けるので、融けた水の水抜きをやっておきます。

水が溜まるところは背面の下部など、冷蔵庫のタイプによって違ってくるので、前もって説明書などを見て、 チェックしておきましょう。

水抜きをしていないと、引越し作業中に水が垂れて、他の荷物を濡らしちゃうことだってありますので、 しっかり覚えてくださいね。

冷蔵庫の中を空にすることと水抜きは、引っ越し業者に頼む時でもあなた自身がやる必要があるので、 きちんと準備をしておくようにしてください。

毛布などで保護

冷蔵庫自体は、それほど振動なんかに強くはないのです。

また、けっこうな重さがあるので、運搬作業中に壁にぶつけてしまうと傷がついてしまうことが多く、 また、冷蔵庫そのものにも傷がついてしまうかもしれません。

そうならないためには、冷蔵庫本体をいらなくなった毛布なんかで覆っておくと安心です。

少し上にあげて冷蔵庫の底の方もうまく包んでやれば、 段差のない床などは毛布ごと引っ張って移動させることができるのです。

ただし、毛布は1枚だと薄いので床に傷がついてしまう可能性もあるので、 毛布は2枚使うほうが良いと思います。

冷蔵庫の運搬ルートの保護

小さめの冷蔵庫であれば持って運搬することもできちゃいますが、でかい冷蔵庫の場合には、 持ったまま移動することは普通の人には大変なもの。

また、軽い冷蔵庫で持てたにせよ、作業の途中で床に一旦下さなければならない状況もあります。

冷蔵庫の通るルートは、毛布やシートなんかで、必ず保護しておきたいものです。

冷蔵庫輸送の業者検索はこちら