引越しをする際のスタンダードといえば引越し業者にお願いして荷物の輸送と搬出入作業をやってもらう方法です。

けれども、中には自力での引越しや、引越し業者の力を借りない宅配サービスでの荷物の運搬をして新しい生活をスタートさせる方もいるのです。

引越し業者にお願いするという「スタンダード」ではなく、 こういったやり方のほうがプラスの面が多い引越しとはどういった状況なんでしょうか。

ここでは、宅急便や宅配便を使っての荷物運搬にポイントを置き、 典型的な引越しとの違いやプラス面マイナス面まで色々とみていきたいと思います。

宅急便や宅配便のほうが引越し費用は安く済むことがある?

宅急便や宅配便のほうが、引越し業者が扱うオーソドックスな引越しプランで お任せするより安く済むことはあります。

その前提は「小規模な引越し」ということです。

ついでながら、上記では宅急便、宅配便と2パターンのネーミングを列挙していますが 「おんなじものじゃない?」と考える人もいると思います。

しかし、実際の所違います。

「宅急便」とはクロネコヤマトがおこなう配送サービスを意味します。

「宅配便」はそれ以外の運送業者が運営する配送サービスということなんです。

「魔女の宅急便」というタイトルの映画作品があり、 宅急便というのは日常的に良く耳にする名称となっていますが、 実のところクロネコヤマトの配達サービスだけに当てはまる呼び名です。

配達サービスを取り扱っている会社全部に相当する呼び名じゃありません。

(魔女の宅急便では、クロネコヤマトに了承を得たようです)

ここでは宅急便というの呼び名で掲載していきます。

引越し業者の値段の相場を調べてみよう

引越し業者の値段の相場は、単身で東京都内から東京都内の近い距離の引越しで8000円~35000円の範囲で 料金がまとまる傾向にあります。

東京に拠点がある引越し業者は、地域の小規模~大手まで様々な業者が推し進めています。

そういうわけで、費用面には違いがあります。

相場で見てみると15000円~25000円程度の見積り額になることが多いようですが、 探してみると8000円あたり~やってくれる業者もあるのです。

(格安の引越し業者に限定して探すなら引越しの一括見積もりサイトの活用がもってこいです)

クロネコヤマトの宅急便でする引越しの金額は?

クロネコヤマトの宅急便には、らくらく家財宅急便というのがあります。

家具など1点から送り届けてくれるサービスです。

このサービスは、宅配業者の配達サービスを使って引越しするときには結構おすすめです。

東京都内から東京都内にらくらく家財宅急便を利用して荷物を発送する場合、 1点の最低価格で1,400円となっています。

らくらく家財宅急便はその名前が示す通り、家電家具の一つから運搬しますよというもので、 発送する荷物もそこの所に合わせる必要があります。

普通の大きさのダンボールに入った荷物を送るなら、通常の宅急便で大丈夫。

クロネコヤマトの宅急便を使って引越しするのであれば、 電化製品や家具を運ぶサービスと通常の宅急便の両方を組み合わせで荷物の運送をしてもらいます。

料金もヤマトのホームページで調べられるので、自分で見積もりすることも可能です。

荷物も営業所に持ち込むのか、引き取りに来てもらうのかなどでも料金が変わるかもしれないません。

引越し業者VS宅急便!それぞれのメリットは

引越し業者の引越し料金と宅急便を活用したオリジナルの引越しプラン。

引越しの荷物の数や移動距離は人によってまちまちということもあり、 実際のところ依頼する側の状況でどちらの方が安価になるのかは変わってきます。

それぞれにプラスの面が引き立ってくるのはどういった状況なのか、これからチェックしていきましょう。

引越し業者にお願いするほうがプラスの面が多い場合

  • 一般的な荷物の内容の引越し
  • 中距離~長距離の引越し
  • 新しい住居での荷物設置などのサービスをお願いしたい

宅急便を活用するほうがプラスの面が多い状況

  • 少ない荷物の引越し
  • 家具家電を持っていかない引越し
  • 上記に加えて近距離の引越し
  • 引越し先で家具家電を設置してもらわなくても玄関先に置いてくれたらそこからは自分でできる

費用にこだわるなら、オーソドックスな引越しは引越し業者にお願いするほうが安い料金になることが多いです。

引越し業者は、見積りのときトラックの大きさや作業員の数、 走行距離で料金をトータルで決めていくシステムですが、 宅急便だと荷物1個で何円という算出方式ですので、 荷物の数が多くなれば自ずと引越し業者の見積もり金額より高額な費用になりやすいです。

見方を変えて荷物が少ないような引越しだと、 引越し業者よりは宅急便でお願いしたほうが安いということも十分あります。

荷物が少ない近距離の引越しだと8000円前後~という業者もあるので、宅急便で荷物を輸送するなら、 この場合8000円以下になるかどうかがポイントになってきます。

また、引越し業者は旧居では部屋に入り作業員が家具家電やその他荷物を搬出してくれて、 新居ではの部屋の中に搬入して希望する場所に置いてくれます。

反対に宅急便だと、持ってきてくれるのは玄関先までなので、値段よりも、 細かいところまで望むなら引越し業者のほうが賢明かもしれません。

単身での引越しの場合

単身での引っ越しの場合、荷物が少ないことが多く宅急便だけで引越し作業を行うことも可能です。

そうなると引っ越し費用をかなりリーズナブルにすることができ、他の準備などに費用をまわすことができます。

宅急便の料金は、距離と段ボール箱の大きさと重さで決まってくるため、 これらを工夫することでよりお得な料金になる場合もあります。

距離というのは引っ越し用の荷物をどこからどこまで運ぶのかということになります。

例えば、九州から東京までの場合、九州から北海道までといったように距離が長くなれば料金が上がるようになります。

また、大きさとは、送る箱の次の3つのサイズによって変わってきます。

高さや幅、奥行がどれくらいかという点で変わります。

重さについても同様で、軽いほうが料金は安くなります。

もし時間を指定するといった場合には料金が変わることもあります。

また、家電製品やパソコンなどの精密機械、家具といった場合には料金は高くなってしまいます。

宅急便で引っ越しを済ませたいという場合は、ダンボールに収まる荷物で、と割り切って利用することがいいといえます。

引っ越しを行う時には事前に見積もりを取るなどして、引っ越し業者の引っ越しプランを比較するようにしましょう。

早割を設けている引っ越し業者もあるので、早めに引っ越しを考えておくことでお得な料金プランで利用することもできます。

宅急便を選ぶか、引っ越し業者に依頼するかについては、少しでも安くて楽にできるように、引っ越しが決まったらすぐに引っ越しの準備に取り掛かることが大切といえます。

特に単身で引っ越す場合には、荷物が少ないことも多いので、宅急便の利用の方が費用がリーズナブルになるといわれています。

早めに準備しておくようにしましょう。