黒ナンバーの任意保険

黒ナンバー軽貨物車の任意保険は高い?

軽貨物運送業をやっていく上で必要となる経費はさまざまあるのですが、 間違いなく必要となるものの中に任意保険への加入があります。 軽貨物の仕事は少なくとも1日40~50kmは走行しますので、 交通事故の危険と常に隣り合わせにあります。

そういったリスクに備えておかなくてはなりませんね。

万一事故を起こしてしまった場合、自賠責保険だけでは不十分な場合もあると思いますので、 任意保険にも加入しておくべきです。

なお、運送の仕事を請け負う場合には、任意保険証のコピーを求められる場合が多く見られます。

黒ナンバー(事業用ナンバー)の任意保険料が気になるところではないでしょうか。 今回は任意保険料についてまとめてみました。

黒ナンバーの任意保険料について

一般的に軽自動車と普通車の自動車保険の値段を比べると、軽自動車の方が安く済みますが、 事業用となると全く話は変わってきます。 どうしてかというと、走行する距離が長くなる分だけ 交通事故を起こす可能性が大きくなるという考え方からです。

また自家用の車で掛けていた保険の等級を、 そのまま事業用ナンバーに引き継ぐということができないのです。 また、普通の自家用車では、年齢条件などの特約を付けることで、保険料が安く済みますが、 事業用のナンバーの場合はそういった特約は全くないのです。

すなわち、事業用ナンバーの自動車保険に加入する時は必ず新規で契約する形になりますので、 保険料は間違いなく高くなります。

黒ナンバーの自動車保険取扱い保険会社

  • 東京海上
  • 三井住友海上
  • 損保ジャパン日本興亜

管理人が加入している任意保険料

表の金額は1ヶ月あたりの料金です。

1年目(2006年) 12620円
2年目(2007年) 10120円
3年目(2008年) 8920円
4年目(2009年) 8530円
5年目(2010年) 8120円
6年目(2011年) 7710円
7年目(2012年) 7370円
8年目(2013年) 7100円
9年目(2014年) 6770円
10年目(2015年) 6790円
11年目(2016年) 6520円
12年目(2017年) 6490円
13年目(2018年) 6040円

補償内容

対人賠償 無制限
対物賠償 無制限/免責なし
人身傷害 3000万円
車両保険 なし
ロードサービス あり
18等級 6040円/月

2018年9月4日追記

先日、軽トラックが故障してJAFを呼びました。 軽トラックの状態を見てもらい、修理工場に運ぶ流れとなりました。 JAFのレッカーは5㎞か15㎞まで無料だったと思っていたのですが、 自動車保険の特約を使ってプラスアルファの距離も無料でできるとのこと。

軽貨物コンテンツ

ページの先頭へ