軽トラのスタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤ「VL1」

自分が乗っている軽トラックのスタッドレスタイヤを紹介します。

スタッドレス145R12「VL1」
新しいスタッドレスを購入する前は、「w300」というやつを履いてました。
運転した感覚では「効きがイマイチ」だったので、違うスタッドレスにしようと決めました。

2015年12月末に新品のスタッドレスタイヤを購入。
ブリジストンの「VL1」というタイヤにしました。
買ったところは「ミスタータイヤマン」というタイヤ専門店。

購入費用

VL1(ブリジストン) 31600円 交換工賃・旧タイヤ処分費用込

製造年月

スタッドレスタイヤの製造年月
写真の中央部分のところを見てください。
「JNL2815」表示がありますね。
数字の右2桁は製造年、左2桁は第何週に製造されたかを意味します。
ということは、2015年の第28週に製造されたタイヤということになりますね。

タイヤの溝


続いて、タイヤの溝のところに100円玉を差し込んでみました。
「100」の「1」が隠れていますね。
スタッドレスタイヤの溝

購入後3回目の冬

プラットフォームの状態は?

現在2018年1月ということで、3シーズン目。
2シーズンまでの走行距離はおよそ20000㎞。
だいぶ溝が減ってきました。

タイヤ側面の矢印をさがす


この矢印の延長線をたどり、路面と接する部分にプラットフォームがあります。

上記矢印をたどって路面と接する箇所を見る


白の丸で囲んだところにプラットフォームがあります。
スタッドレスタイヤのプラットフォーム

スタッドレスだけでは大変な場合も

雪のなか、無事自宅付近の駐車場に帰ってきましたが、 30センチくらい雪が積もっていて、車庫入れが大変でした。 なお雪道を走っての感想ですが、3シーズン目ということもあり、 スタッドレスの効き具合は落ちているように思います。
大雪の日のスタッドレスタイヤ

ドリームエコチェン

そこで、ドリームエコチェンというタイヤチェーンをつけてみました。 これで無事、車庫入れ完了です。
ドリームエコチェン

3シーズン目 終盤の2月末

2018年2月末ということで、3シーズン目の終わりくらい。
購入してからの走行距離はおよそ27000㎞。
プラットフォームが露出してきました。もうそろそろ限界かも。

軽貨物コンテンツ

ページの先頭へ